クレジットカード現金化では個人情報の悪用に警戒する

コロナで雇い止めにあったり、前よりも給料が減ってしまったという人は少なくありません。
そんな中で飲み会や合コンに誘われたり、友人の結婚式に呼ばれてお祝いを準備しなければいけないなど、予期していない出費が起きることがあります。
緊急に現金が必要な時はクレジットカード現金化を考えることができますが、現金化業者に自分の個人情報を悪用されないかと心配になる人もいます。

クレジットカード現金化は犯罪ではない

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠がついています。
ショッピング枠は買い物をした時の支払いで使用しますが、現金化業者に依頼するとショッピング枠を現金に換えてくれます。
こうした使い方は法律に違反しているのではないかと不安に思う人がいますが、法律で明確に裁ける行為ではないので、犯罪には当たりません。
しかしカード会社の利用規約に違反するので、発覚した時にはカードの利用を停止されたり、解約させられる可能性もあります。
そのため現金化業者は発覚しないスレスレの行為をしています。

現金化業者には悪徳業者も多い

クレジットカード現金化 大手の広告や宣伝を街中やインターネットでよく目にします。
コロナの影響で日本全体が不景気になり、お金を必要としている人が多いので、現金化業者も増えています。
その中で悪徳業者も年々増えています。
悪徳業者は現金を支払わなかったり、高い手数料を取ったり、個人情報を流出したりと悪事を働きます。
利用者もカード会社の利用規約に反しているので、後ろめたい気持ちもあり悪徳業者のことを告発できずに、そのまま取引に応じてしまいます。

悪徳業者は個人情報を悪用する

クレジットカード現金化の優良業者であれば、個人情報を厳重に管理して漏洩しないようにします。
また現金化が終わったらすぐに利用者の情報を削除するので、問題が起きることはありません。
しかし悪徳業者は消費者金融やヤミ金に利用者の情報を流します。
そのため毎日のように闇金から勧誘の電話がかかってきたり、消費者金融からメールが頻繁に送られてくることがあります。
こうした事態を避けるために、これまでの利用者の感想や口コミをよく見て、たくさんいる現金化業者の中から優良業者だけを選んで取引するようにしましょう。

必要以上の情報を渡さない

クレジットカード現金化をする時に、業者と連絡をするために電話番号やメールアドレスを教えなければなりません。
現金化業者も盗まれたクレジットカードを利用していないかを確認しなければならないので、利用者は身分証を提示して、クレジットカードの番号や名義なども伝えなければなりません。
しかしカードのセキュリティコードやパスワードを聞いてくる時には警戒が必要です。
クレジットカード情報をすべて知っていれば、カードを持っていなくても悪用される恐れがあるので、自分でよく管理するようにしましょう。

まとめ

クレジットカード現金化は、すぐにお金を手にできる便利な方法ですが、現金に換える時にトラブルが起きているのも事実です。
そのため現金化業者の口コミをよく見て、これまでの利用者の感想などを参考にして、優良業者を選んで取引するようにしましょう。